• M2_STAFF

【防災広報】オンラインセミナーを実施いたしました。

更新日:2021年12月28日

こんにちは。

公共広報コミュニケーション研究会です。


当研究会では、公共から市民への広報〈今の時代に即した情報の受発信〉に関する研究と事例共有を関東中心300自治体へオンライン・メディア(メールマガジン)を通じて行っているが、災害の多発と激甚化、さらにはコロナ禍という近年の状況により、防災・災害対応における情報発信の重要性が高まっていることを踏まえ、各自治体の担当者が情報共有を図ることを目的とし、オンラインセミナーを開催いたしました。


実施概要

■セミナー名:

「災害多発+コロナ禍」の時代における〈防災広報〉を考える

~さまざまな防災の局面における市民とのコミュニケーションの事例共有

■実施日時: 令和3年10月7日(木)15時~17時

■開催手法: オンライン開催(Zoom ウェビナー使用)

■参加者 : 15自治体 31名 ※参加費無料


講演テーマ及び事例共有について

【基調講演】

「災害多発+コロナ禍」の時代における<防災広報>を考える

京都⼤学防災研究所 巨大災害研究センター 矢守 克也 教授 


【事例共有】

① 栃木県足利市 西宮林野火災

 栃木県足利市 総合政策部 秘書広報課 広報広聴担当 米澤 滋子 主幹

② 令和元年東日本台風からの復旧・復興の状況

 埼玉県東松山市 秘書室 危機管理課 被災者生活再建支援室 内田 幸雄 室長

③ 避難のあり方を踏まえた市民への情報発信について

 京都府福知山市 市民総務部 危機管理室 森下 邦治 室長

④ 黒潮町における防災の取り組み

 高知県黒潮町 情報防災課 徳廣 誠司 課長


セミナーを終えて

災害多発とコロナ禍という現状で「住民に情報が届いていないのではないか-という懸念をより一層強く感じている」という自治体の声を踏まえ、各自治体の担当者が情報共有を図ることを目的に、オンラインでのセミナーを緊急開催しました。

防災・危機管理に対応する部署と、市民とのコミュニケーションの最前線である広報関連の担当者を中心に、全国15の県・市・区から幅広く参加があり、熱心な勉強会となりました。


▼実施報告書のダウンロードはこちらから

【実施報告書】防災広報セミナー(R3,10,7)公共広報コミュニケーション研究会 (2)
.pdf
Download PDF • 5.01MB




閲覧数:78回

最新記事

すべて表示

コロナ禍だからこそ、より一層クローズアップされている考え方もある。在宅避難やローリングストックといったこともその一つだ。 今回のヒアリング先ではないが、東京都板橋区では、密を避けつつ防災意識の啓蒙を図る取り組みを、区内の事業者と協働し行った。 在宅避難への備えを具体的に充実させるため、区内のショッピングセンターを会場として、防災用品の購入促進キャンペーンを展開したものだ。 ▼PDFのダウンロードは