Copyright 2016 Team M2, Inc All Rights Reserved.

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Social Icon

TEAM M2 新規採用2020

★人材育成(教育)及び地方創生分野で活躍

★キーワードは『次世代の人・地域づくり』

あなたも“未来に繋がる仕事”で活躍しませんか!

◆ICT・教育分野の精鋭企業 ◆大手企業とのコラボ事業なども多数展開

◆人の学びをICTで変革 ◆企業の人材教育の一端を担う仕事

◆日本全国の地域を共に支える仕事 ◆地方公共団体や地元の人々との共生

◆自分自身のスキルアップも可能 ◆少数精鋭だからこそできる社内教育の充実

◆原則定時退社&週休2日制 

弊社のミッション

”コミュニケーションデザインによる人と地域づくりを通じて社会に貢献する”

人と人をつなぐのは、信頼のおけるコミュニケーションがあって初めてできること。

当社の最大の強みは、クライアント(お客さま)と多くの事業パートナーとのコラボレーションで生じる様々なプロジェクトの企画運営です。

それは、信頼のおける丁寧なコミュニケーションから成り立っており、

スタッフ一人ひとりがソースクライアントやエンドユーザーの想いや考えを大事にしているからこそ可能となるのです。

そして、まさに我々の仕事の本質は、様々な人々のコミュニケーションをより効果的効率的に成立させるための企画設計(デザイン)を行うことにあります。

・企業と人をつなぐ「教育・人材育成」というコミュニケーション

・地域と人をつなぐ「地方創生」というコミュニケーション

・人と人をつなぐ「クリエイティブコンテンツ」というコミュニケーション

さまざまなモノやコトと人をつなぐ、コミュニケーションをデザインする会社。

それが私たち、当社の仕事です。

仕事の内容

★企業と人をつなぐ「教育・人材育成」分野

 

チーム・エムツーは、遠隔教育、ICTを活用したeラーニングの分野において、多くのデジタル教材の企画制作に取り組んでまいりました。今では受験勉強や就職試験の準備、資格試験対策などでも当たり前となったスマホ、タブレットやPCを使った学習を支えているのが、我々が創るデジタル教材です。

 

「ながら」「すきま」学習が、当たり前となった現在、短時間で効率よく、効果の高い教材やコンテンツは学習者にとってとても需要があります。どんなにITやICTが進化しても、学ぶコンテンツが役立つもので楽しいものでなければ、意味がありません。

私たちは、企業の中で必要とされる様々な教育コンテンツを、お客さまのニーズやウオンツに基づいて企画設計しています。

 

【新人のあなたに期待すること・・それは!】

 

あなたには、私たちの大事なクライアント(お客さま)とプロジェクトチームの間に入り、教材やデジタルコンテンツ制作のコーディネーターとして活躍してほしいと願っています。

 

具体的な仕事としては、、

 

① 既存のクライアントと当社及びパートナー制作会社のコーディネーターとして作品の制作方針を関係者に周知したり、先輩のディレクションのもと、制作のアシスタントとして、意見のとりまとめや制作補助をしていただきます。

② 新規のクライアント開拓、及び作品等の企画提案に従事してもらいます。当社と新しいお客様の関係を創る営業企画業務を行っていただきます。

③ あなた独自の視点で当社オリジナルの人材育成研修メニューの企画や、教材開発の提案を行っていただきます。

 

★地域と人をつなぐ「地方創生」分野

 

当社は、東京で創業後、20年以上の業務実績があります。その重要なパートナーのひとつとして東京を中心としつつも、札幌から福岡まで、それぞれの地域に根を下ろし、学業やアルバイト、そして様々な活動に熱意を持った大学生でした。

 

中でも各地の女子大学生の目的意識の高さ、ある意味「今しかできないことを全力でやる!」というまっすぐな思いに惹かれ、彼女らと一緒にその地域に根差す企業や自治体とのカタリストとして地域に根差した事業を、当社が、行うきっかけになったのです。2009年から某大手情報媒体社と共同で始めた女子中高生と一緒に時代のトレンドを創る活動から始まり、彼女らの高い感性の発露に助けられながら、様々な商品開発を行いました。その彼女らが成長し、大学生となって、改めて活動を再編したとき、ぜひ、全国の女子大学生とつながろう!となったのです。

 

やがて各地の女子大学生と一緒に行った地域活動は少しずつ実を結び始め、2014年に富山県で実施した当時の影響力の強い女子学生5名との『富山女子旅』はSNS特にFacebookとYouTubeで発信し、大きな反響をいただきました。

これを機に、大手旅行代理店とのコラボで全国の観光施設や事業者を、YouTubeを媒体とした60秒程度の短い取材動画を同旅行代理店の割引クーポンアプリに連動させたところ、多くの引き合いをいただき、これがきっかけで当社は「地域をSNSを通じて観光PRで活性化する、旅マエの販促活動」を事業化し始めたのです。

 

2019年現在、当社は、SNSの活用に加えて、観光イベント企画運営、地域の若者を巻き込んだ地域活性化プロジェクトなどで、日本各地の活性化につながる事業に関わっております。

 

【新人のあなたに期待すること・・それは!】

 

あなたには、様々な魅力を持つ日本各地の地域活性化につながる活動に従事して欲しいと願っています。

 

具体的には、、

 

① 地方自治体(市区町村)や観光協会等の観光関連事業者に対し、SNS(Facebook,Twitter、Instagram等)の活用に関するオープンセミナー(公開型)やオンサイトセミナー(特性の組織のみ)の企画営業活動を行っていただきます。

② 当社がチケットのぴあ様と北海道旭川市で導入した「ふるさと納税の返礼品」について、物品ではなく、体験型イベント(コト)の企画開発を行っていただきます。

③ ②のコト返礼品を活用したふるさと納税の収納代行業務の導入に関する地方自治体向けに企画営業活動を行っていただきます。

 

★人と人をつなぐ「クリエイティブコンテンツ」分野

 

当社が創業してから数年間、取材執筆活動や企画コンサルティング活動を中心に事業を行っておりました。それが、某中堅出版社の役員との商談で運命が転換することになります。

 

当時、すでにパソコンの普及が進み、これからWindowsXPが発売されるとなった2001年ごろ、いまだ、パソコンの解説書は分厚い電話帳のような網羅型のものか、超初心者むけの書籍しかありませんでした。一般利用者も含めて一定のリテラシーに達していると判断した当社は、辞書型の「逆引きPC利用辞典」のコンセプトで『Excel逆引き大全 1000の極意』という分厚い書籍(ほとんど辞書でした)を世に送り出します。

これが幸いにも8万部を超えるヒット作に!これを機に、多くのタイトルを出版し、当社は、企画出版プロダクションとして8年間以上、ニッチなPC関連書籍の分野にで活躍することができたのです。

 

この間、書籍制作を通じた斬新な切り口や表現のユニークさから、様々な企業の会社案内や入社案内、日常的に使うパンフレットやポスターなどの印刷物、動画コンテンツ、小中規模の学生を集めるイベントなど、現在に至るまで、いろいろなクリエイティブコンテンツ制作に従事することになります。

 

【新人のあなたに期待すること・・それは!】

 

あなたには、クライアントの意向に沿いながらも、自分自身の「想い」「創造」に基づいて、一番最適なクリエイティブを形にしてもらいたいと願っています。我々の仕事は「アーチスト」でありながらも、クライアントの「実現したい想い」をカタチにすることです。オリジナルの曲を産み出すのではなくても、どのようなアンサンブルに仕上げるか、プロの編曲家であることを求めています。

 

具体的には、、

 

① 当社の中核業務である某大手就職情報媒体社との共同企画事業である「採用のための会社説明会のLIVE配信事業」のディレクション、映像等コンテンツ配信業務、映像コンテンツ編集業務に携わっていただきます。

② クライアントの求める品質の高いクリエイティブコンテンツの企画補助、制作進行補助業務を行っていただきます。

③ 出版社や広告代理店、直接一般企業・団体の新規顧客開拓活動、クリエイティブコンテンツの企画営業活動に従事していただきます。

会社情報

従業員数

10人(専属契約者含む)

​売上高

2億4000万円(H30年9月)

採用後の待遇

初任給

240,000円(基本給180,000円、業務手当40,000円、みなし超過勤務手当10h 20,000円)

諸手当

(例)通勤手当、自己啓発手当、

昇給

年1回(4月)

賞与

年1回(10月)

休日休暇

年間休日110日以上

勤務時間

10:00~19:00 実働8時間(休憩60分)

採用実績

先輩の言葉

メディア企画推進チーム ディレクター 

原口綾乃(2017年卒)

・現在の仕事

私が所属しているメディア企画推進チームでは、SNSなどインターネットメディアを活用し、F1層(20~34歳の女性)にプロモーションするための企画の立案・実施、及びコンサルティング業務を行っています。お客様は自治体から企業まで様々ですが、「F1層」に刺さる企画を立てるために、各方面のパートナーと連携し、その企画のターゲットとなる方々(女子大生や地元の女性)の声を聞き、市場調査だけでなく企画の立案まで一緒に行うことで、それぞれのクライアント様にあった企画をご提供させていただいております。

現在の仕事は、大きく2つあり企画の立案・実施というフローの中で必要になる各方面のパートナーに紹介いただいた方々との窓口となり企画がスムーズに進行するように進行管理・調整をするというものと、クライアント様の強みをSNSを通じて最大限発揮していただけるようメディアの運営をさせていただくというものです。

 

・これまでの仕事

 弊社は今期で21期目となるのですが、設立から一貫して書籍の出版、E-Learningの教育コンテンツの作成など、クリエイティブ業務に従事してまいりました。現在のメディア企画推進チームに異動になる前(入社して約1年程度)は、会社の基本業務を知るという意味でクリエイティブ制作チームの中で、収録・配信案件が入ったときの現場との連絡調整などのディレクション業務を行っていました。案件を整理し、関係者に連絡をするというパソコン上の操作でしたが、実際には人を動かすという業務だったので業務や現場の流れを理解するうえで非常に良い経験になりました。

 

・インターン活動から入社した動機

 大学生の頃に大学の広報誌の発行に携わる、オープンキャンパスのスタッフをする、学園祭の広報チームのチーム長を務めるといった経験から「誰かに情報を伝えることによって、その人の行動が良いものに向かう可能性がある」という情報発信の可能性に気づき、広報・情報発信に携わる仕事につきたいと考えました。

 会社との接点は、私が学外で情報発信・メディアを専門に活動をしたいと考えていたときに、会社が各地方の女子大学生と連携した地方のプロモーションをするという事業を行うために、学生団体の設立の説明会に来たことでした。会社のパートナーとして学生団体の中で活動していく中で、ウェブメディアの立ち上げに関わるというインターンシップに参加させていただきました。

 インターン中は、ウェブメディアの立ち上げ時期に関わるだけでなく、メディアで発信するコンテンツの作成に携わる中で北海道、岐阜など自分の地方の魅力を知ってほしいと考えている方と接する機会が多くありました。そのころから、私の中でもっと地方のことを知りたい、眠っている魅力を知らない人たちに伝えたいという思いが強くなり、地方との接点を持ちつつも、情報発信・広報に携わり続けられると思ったので入社しました。

 

・これからの抱負

 今年はいよいよ3年目に入るので、目の前のお仕事だけでなく長期的な視点を持って物事を整理し、最も良いパフォーマンスを発揮できるように自分もアップデートしていきたいと考えています。

 2年目までは、所属異動もあったので、いただいたお仕事を今の自分ができる精いっぱいの誠意を込めてミスがないように慎重に確認を取りながら進めてきました。多くのお仕事に携わらせていただく中で、現状の自分で取り組める範囲のものよりも、学習しなければいけないこと、スキルアップが必要な点が多々発見されました。今年は、お仕事一つ一つと丁寧に向き合いながらも、自分自身の成長のために時間を使い、より良い成果を出せるように努力をしていきたいです。

 仕事に真摯に向き合うことで自分のことも見つめ直しながら、周りの方の力も借りつつ着実に一歩ずつ成長していけるように頑張ります。

・採用実績校 大妻女子大学、福岡女子大学、國學院大學

・採用実績(人数) H24 1名、H29年 1名、H30年1名

・研修制度
 新規入社研修(座学・オープンセミナー・OJT)

・自己啓発支援制度
 資格試験、語学系試験補助制度(試験費用の半額、学習支援最大20,000円月)

・メンター制度
 先輩社員によるメンタリングあり

 

・雇用管理に関する状況

月別平均所定労働時間(平均168~176時間(前年度実績))